治療効果はどれくらい続くの?

レーシックは裸眼視力を回復させる治療方法なので、
術後の生活スタイルや、目のケアによって、
快適な視力を長い間維持することも可能です。

眼鏡やコンタクトを使用している時と同様に、
レーシック手術後、年月が経つにつれて視力が低下すると
いうことはありますが、治療効果がすぐになくなってしまうという
ことはないようです。

ですが、レーシック手術を受けた後も、
レーシック手術を受ける前と同じように、
目に悪い生活を続けていると、
また視力が下がっていってしまいます。

せっかく、レーシック手術を受けるのですから、
そのようなことが無いように気をつけましょう。


レーシックの効果は?

レーシックの効果には個人差があるようですが、
多くの場合、メガネやコンタクトレンズで矯正した程度にまで
回復するようです。

実際、私の視力もレーシック手術を受ける前は、
裸眼で0.1以下だったのですが、レーシック手術後は、
両眼共に、1.5近くまでに回復しました。

レーシック手術は、角膜の手術ですので、
一般に、角膜の厚みが十分にある場合は、
レーシックを行う事によって、かなりの治療効果が期待できます。

一方、角膜異常などのために、
角膜が薄いと診断された場合は、レーシック手術を
受ける事ができなかったり、レーシック手術を受けたとしても、
大きな効果は期待できないかも知れません。

どれくらいの効果が望めるかを確かめるには、
事前の検査が大切です。
必ず、信頼のおけるドクターに判断を仰ぎましょう。

レーシックとは

レーシック(LASIK:Laser in Situ Keratomileusis)とは、
角膜屈折矯正手術の一種で、
目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、
角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術のことです。

このレーシック手術をうけて、視力を矯正することで、
眼鏡やコンタクトレンズを使用する必要がなくなります。
スポーツ選手のレーシック手術例が多いのはこのためですね。

また、レーシック手術をしても入院をする必要性がなく、
短時間で済むというメリットもあります。

また生命保険などが適用されれば、
レーシック手術費用がほぼ無料になるケースもあります。

これだけ聞くと、レーシックにはメリットしかないように
聞こえますが、もちろん、レーシック特有のデメリットもあるんです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。