レーシックが受けられない方

残念ながら、レーシック手術は
全ての方が受けることはできないんです。

最終的には医師の判断によるのですが、
下記に該当する方は受けられない場合があります。

・17歳以下の方は眼球が成長過程にあるため、18歳以上になるまで待ちましょう。

・適応検査で不適応と診断された場合は、受けることができません。

・妊娠中・授乳中の方は受けられません。

・糖尿病、膠原病など内的疾患(病気)をお持ちの方は、受けられない場合もありますので医師にご相談ください。

・白内障、緑内障、角膜の厚さ、近視や乱視があまりに強い方など、
眼の状態によっては受けられない場合もあります。

・花粉症の方などは受けられますが、術後は眼をこすれないため、
症状が落ち着いている時期の方がよいようです。


まずは、信頼のおける医師に相談する事が大切なのです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。