医療費控除は受けることができるの?

その年にたくさんの医療費がかかったときに、
ちょっとだけど税金を戻してくれるのが、医療費控除です。

家族全員で1年間に支払った医療費の合計が10万円
(所得が200万円以下なら、所得の5%)
を超えた場合、確定申告をすることで、
税金が還付されることがあります。
レーシックだけでなく、歯医者や眼科などでも同様の制度ですね。

レーシック手術の場合、この医療費控除を受けることが
可能な場合もあるようです。
税務署に問いあわせてみましょう。
レーシック手術を受けた病院やクリニックで
領収書を発行してもらい、これを添付し、
確定申告を行うことにより、
税金の還付が受けられる場合があります。

領収書などは大切に保管するようにしましょう。
ただし、10万円申告して10万円が戻ってくるというのではなく、
所得税率などの計算により還付される金額が決まります。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

医療費 控除 レーシック
Excerpt: レーシックという手術で確定申告で医療費控除を受けることはできますか?レーシック...レーシックという手術で確定申告で医療費控除を受けることはできますか?レーシックは健康保険の利かない自由診療ですが・・..
Weblog: 視力回復 レーシックの勧め
Tracked: 2007-06-04 18:04
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。