たかじんがレーシック手術成功

今、人気のある視力回復、近視矯正の手術であるレーシック。
そのレーシック手術にやしきたかじんが挑戦!

人気テレビ番組で読売テレビの、たかじんドクターズ〜そこまで病んで委員会の中で
人気タレントのやしきたかじんが、今、話題のレーシックの近視矯正の手術に挑戦する。

たかじんは、たかじんドクターズ〜そこまで病んで委員会の中で
たかじん自身の体を使って、最先端の医療に挑戦している。
今回はレーシックで視力回復に挑戦する。
やしきたかじんの視力は回復するのでしょうか・・・


レーシックが受けられない方

残念ながら、レーシック手術は
全ての方が受けることはできないんです。

最終的には医師の判断によるのですが、
下記に該当する方は受けられない場合があります。

・17歳以下の方は眼球が成長過程にあるため、18歳以上になるまで待ちましょう。

・適応検査で不適応と診断された場合は、受けることができません。

・妊娠中・授乳中の方は受けられません。

・糖尿病、膠原病など内的疾患(病気)をお持ちの方は、受けられない場合もありますので医師にご相談ください。

・白内障、緑内障、角膜の厚さ、近視や乱視があまりに強い方など、
眼の状態によっては受けられない場合もあります。

・花粉症の方などは受けられますが、術後は眼をこすれないため、
症状が落ち着いている時期の方がよいようです。


まずは、信頼のおける医師に相談する事が大切なのです。

レーシックの普及

レーシック手術は欧米を中心に、
今や世界中で普及している手術です。

1995年に、FDA(アメリカ食品医薬品局)が
エキシマレーザー治療による矯正手術を許可したことにより、
レーシック手術は、急速に普及しました。

レーシック手術時間は、両眼で15〜20分と、
比較的短時間で終わるため、 その手軽さが支持されています。

全世界を見ても、毎年数百万人が利用している
レーシック手術は、利用者は年々増えており、
日本でも2000年に厚生労働省に認可されて以来、
注目度は高まっているんです。

多くのスポーツ選手やタレントなどもレーシック手術を
受けていますし、 雑誌・インターネット・テレビなどでも
レーシック手術を取り上げられることが多くなってきました。

レーシックのリスク

レーシックの合併症


■ ハロ・グレア
夜間や蛍光灯の下でまぶしく感じたり、
光の周りがぼやけて見えたりする症状です。
レーシック手術で修正した角膜の内側と外側で光の焦点に
違いの出てしまうことが原因で、
一般に瞳孔が広がりやすい若い人に出やすいという
傾向があります。

ほとんどの場合、レーシック手術約3ヵ月で
この症状は消えると言われていますが、
強度近視の場合は症状が残る可能性もあります。

この症状については、レーシック手術前の検査で暗い場所での
瞳孔径の正確な測定を行うなど、
事前に無理のない計画をたてておくことで、
かなりの部分を予防することが可能です。


■ ドライアイ
レーシック手術後、角膜が治癒していく過程で、
角膜の感度が一時的に鈍り、瞬きが減少するため、
ドライアイの症状がでることがあります。

この症状についても、レーシック手術後約3ヶ月で消えると
言われていますが、目薬や涙点プラグを挿入することで
症状の緩和が可能です。

治療効果はどれくらい続くの?

レーシックは裸眼視力を回復させる治療方法なので、
術後の生活スタイルや、目のケアによって、
快適な視力を長い間維持することも可能です。

眼鏡やコンタクトを使用している時と同様に、
レーシック手術後、年月が経つにつれて視力が低下すると
いうことはありますが、治療効果がすぐになくなってしまうという
ことはないようです。

ですが、レーシック手術を受けた後も、
レーシック手術を受ける前と同じように、
目に悪い生活を続けていると、
また視力が下がっていってしまいます。

せっかく、レーシック手術を受けるのですから、
そのようなことが無いように気をつけましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。