医療費控除は受けることができるの?

その年にたくさんの医療費がかかったときに、
ちょっとだけど税金を戻してくれるのが、医療費控除です。

家族全員で1年間に支払った医療費の合計が10万円
(所得が200万円以下なら、所得の5%)
を超えた場合、確定申告をすることで、
税金が還付されることがあります。
レーシックだけでなく、歯医者や眼科などでも同様の制度ですね。

レーシック手術の場合、この医療費控除を受けることが
可能な場合もあるようです。
税務署に問いあわせてみましょう。
レーシック手術を受けた病院やクリニックで
領収書を発行してもらい、これを添付し、
確定申告を行うことにより、
税金の還付が受けられる場合があります。

領収書などは大切に保管するようにしましょう。
ただし、10万円申告して10万円が戻ってくるというのではなく、
所得税率などの計算により還付される金額が決まります。


生命保険の医療給付は受けられる?

加入している生命保険会社や契約内容によっては、
手術給付金として、レーシック手術の給付が受けられる場合もあります。
加入している保険会社に問いあわせてみましょう。

レーシック手術は現在、多くの生命保険などで
手術給付金対象の手術となっているようです。

加入している保険の契約内容などによるので、
詳しくは加入している保険の資料を参照するか、
直接保険会社に問い合わせをすることをおすすめします。

契約内容により異なりますが、レーシック手術の場合、
3万円〜10万円の手術給付金が支給されることが多いようです。

レーシック手術を受ける前に、
加入している保険が手術給付金対象かどうかなどを確認しておきましょう。
手術給付金の請求をする場合は、診断書が必要になりますので、
レーシック手術を受ける病院やクリニックに診断書の作成を依頼しましょう。

この時、診断書作成費用がかかる場合もあるようです。

レーシックに健康保険は使えるの?

レーシックは自費診療のため、残念ながら健康保険は適応されません。
そのため高額になってしまうのが現状のようですが、
生命保険の手術給付金や確定申告の際に、
医療費控除の申告を行うことにより、
レーシック手術費において、多少支払う金額が少なくてすむ場合もあるようです。

詳しくは、自分が加入している保険員の人に聞いてみましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。